夢見た場所は遠すぎたの?

関西ジャニーズJr.を応援中

➂自担の話~末澤誠也~

 

➁の続きです。

 

訳あって2016年は1月のジャニワと、5月の塚ちゃんの主演舞台だけしか現場に行かなくて、それ以外はテレビを見るだけでA.B.C-Zを応援をしていました。

 

SLTツアーや、えび座2016に行けなかったことで、A.B.C-Zから少し遠ざかってしまっていました。

 
そして、2016年秋、少クラin大阪を見てから関西ジャニーズJr.にはまりました。


そもそも関ジュに関しては、それ以前から、まいジャニは3年以上見ていたし、ある程度は知っていたんですけど、まいジャニ以上知る機会がないという感じで、ファンになるきっかけはありませんでした。

 

2015年の少年たちin日生劇場は見に行ってたんですが、Snow Manが出演するから見に行った程度で、西畑くん康二くん龍太くんに関しては、正直あまり気に留めていませんでした。少年たち自体、Six STONESとSnow Manの対決で、もちろん関ジュの看守役も大事なんですけど、孤立してしまうし、華やかな演出はありませんからね。


そして、2016年の少クラin大阪を見て、その前の年のin大阪よりも、関ジュの勢いを感じました。まいジャニメンバーは半分になって、センターが西畑くんになった関ジュの新体制がやっとものになった感じがしたというか。関ジュの何も分かってないくせに、ものになったとかよく言えるなっていう感じだと思うんですけど、逆にあまり側で見ていると見えないものってあったりするじゃないですか。だからこそ、私はこの2016年のin大阪で変化を感じたんだと思います。

センターの西畑くんがいて、そばで支える康二くんと流星くんがいて、ちょっと遠くで見守る文一くんと龍太くんがいて。なんかいい雰囲気だなって思ったんです。

末澤くんが、関ジュは家族みたいってまいジャニで発言してたように、たしかに関ジュには東京Jr.のみんなライバルみたいな雰囲気は全くないと思います。東京はそれぞれがライバル視し合っていて、自分の所属するグループ意識は強くても、Jr.であることの仲間意識っていうのはほとんど持ってないんじゃないかって思うんですね。でも、関ジュは、関西Jr.みんなで頑張ろうみたいな雰囲気がかなり強くて。これって、いまの関ジュ内に、公式のグループが1つも無いこととか、ジャニーズWESTがデビューして、まいジャニメンバーも半分が関ジュを去ってしまったことも関係してるんじゃないかなって思っていて。要は、Jr.内で争ってる状況じゃなくて関西Jr.自体が生き残りをかけて頑張んなきゃいけない状況だって関ジュのみんな自身が判断しているからなんだと思います。
 

色々書きましたが、最大の関ジュにはまりだしたきっかけは、紛れもなく藤原丈一郎くんにあります。

私はもともとえび担だったので、A.B.C-Zが可愛がる後輩については、もれなく知りたくなる性質でして。丈くんは、2016年の戸塚くん主演の舞台、寝取られ宗介に出演していました。戸塚くんは、稽古期間中や、公演期間中に丈くんを家に呼んだ話をジャニーズWEBのブログに書いていたりしていて。戸塚くんって、誰にでも優しくみたいに見えるけど、仲良くなるための壁はかなり高くて、後輩を簡単に家に呼んだりするような人じゃないと私は思っています。だから、丈くんが家に呼んでもらったっていうのは、関西から1人で来ていて寂しいだろうからっていう理由だけではなかったんじゃないかなって思ってます。まさかその丈くんがいるグループのファンになるとは、戸塚くんのブログを読んでる頃は微塵も思っていなかったんですが。いまは、丈くんを知っているので、丈くんが人に好かれるタイプなのは凄く良く分かります。努力家だし、賢いし、世間をよく分かってる。褒めるところは沢山あるのに、褒められるのは苦手なタイプ。で、それはいいとして、寝取られの頃は、個人的にとっつーまでは手が回らない状況でWSも見れてないくらいだったんですね。それから、しばらく時間が経って、in大阪で、舞台下手のとっつーのもとに寄っていく丈くんを見ていて凄く微笑ましくて。大好きなA.B.C-Zのメンバーであるとっつーのことを慕っている後輩なんてもっと知りたくなるに決まってるじゃないですか。それで、そういえば丈くんってどんな人だったんだろうと思って気になって、丈くんを検索しました。丈くんは元々ギャンスタとかいうどこかで聞いたことのあるグループにいて、いまは8人組の自称Funky8というグループにいることが分かりました。そのときまでFunky8という存在自体を知らなかったのですが、まとめサイトを見て、メンバーそれぞれ、あ〜この人はFunky8だったのかと把握しました。
 
それから、えびちゃんずーに、関ジュから文一くん、古謝くん、末澤くん、朝田くん、恭平くんで出演する機会があって、Funky8でも名前しか分からない組だった3人が出ていたので、えびちゃんずーを機会に覚えられました。これをきっかけにまたFunky8のまとめサイトをよく読んで、気になったのは大橋くん、古謝くん、末澤くんでした。
 
大橋くんは単純に優しそうだし、天然っぽくて、ばかっぽいところが好きなタイプだなと思ってました。でも、実際は割と腹黒で、1日に鏡を何百回も見てるかなりの自分好きでした。でもいまではそういうところが大橋くんらしくて好きです。
 
古謝くんは一生懸命感がいいなと思いました。基本的に、どんな仕事であろうと100%の力でやってくれる人が好きなので、それには古謝くんは当てはまってると思いました。ただ本当にジャニーズが好きで、仕事に真摯に向き合っていて、真面目すぎるくらい真面目なところが私が担当にするには合ってなかったのかもしれません。
 
末澤くんはまいジャニでロマンチストと言われていて、告白シュミレーションが上手。私が好きなタイプは相葉くんとか塚ちゃんとか、優しくって少しバカな感じで、色にするなら緑とか黄色が似合う人だったので、ジャニーズらしい末澤くんって私にとっては管轄外の人だったんですね。調べるところによると、パリピと言われているし、見た目はチャラい。なんとなく好きだけど、末澤くんは私が担当にすべき人ではないと思っていました。
 
で、1ヶ月もしないうちに、末澤くんを担当にしようと決めしまったんですが(笑)。

 

きっかけは、Funky8を調べていて出てきた、中山優馬くんのソロコンサートで、末澤くんがソロで踊った「舞い、恋」の映像を見たことです。曲中で、末澤くんはコンテンポラリーダンスをしているんですが、それが上手い。指先やつま先まで体の動きが凄く綺麗で、静と動が美しくて。それと、末澤くんの表情が凄く良くて。ずっと辛そうで切ない表情をしていて。私は「舞い、恋」の曲自体も好きで。イントロのピアノの音とか、優馬くんの切ない歌声とか、サビ終わりの間奏とか全てが大好きです。あとは歌詞ですね。「舞い、恋」の歌詞の言葉選びが凄く好きです。

 

"溢れた涙に君を想う"

"この空にずっと永遠を探してた"

 

この歌詞が特に好きです。

優馬くんのソロコンは屋良朝幸くんが振付をしていて。屋良くんって、異次元なくらいダンスが上手くて、めちゃくちゃカッコいい振付をする人じゃないですか。そんな屋良くんが振付したコンサートなんて、演者がそれを完璧に出来るなら本当に最高に決まってるんですよね。多分、優馬くんのソロコンのメインバッグだったFunky8も相当ダンスを練習したと思います。末澤くんは特に「舞い、恋」を相当練習したんだろうなって映像を見て思っていて。あのしなやかさとか、歌詞と少しもズレない振付とか、完璧で、本当に必死で練習してきたことがたった3分くらいの映像で伝わってくるんですよね。屋良くんの「舞い、恋」の振付が凄く良くて。ただ歌詞に合わせるというよりは、歌詞の中の想いをダンスに乗せるみたいな。言葉じゃなくて、想いを乗せるダンスなんですよね。それを表現するのってめちゃくちゃ難しいと思うんですけど、末澤くんのダンスって凄く感情が入ってるのが分かるダンスで、こういう曲に合ってるから、末澤くんが選ばれたんだろうなって思ってます。

「舞い、恋」を見て、たった3分で、末澤くんについて行こうって決めました。末澤くんのダンスや表情を見て、この人は絶対に裏切らないなって思ったんです。この人ならもっと上に行けるし、応援したいって思いました。

 

末澤くんの好きなところは沢山あるけど、1番に好きなところは向上心があるところです。もちろん向上心はみんな持っているのは分かっているんです。でも、末澤くんには、誰にも負けないっていう野心が人一倍あるんですよね。だから、末澤くんが進みたい道に向かえるように応援したいって思いました。末澤くんがまいジャニや松竹座に出られるようになったのは、ここ2年の話で、それまでは思うように仕事が出来ていなかったという過去があるんですね。今はこうして、7人の素敵な仲間がいて、末澤くんはFunky8を凄く大事にしていて。余計なお世話かもしれないけど、私は末澤くんにやっと出来た居場所を絶対に絶対に守りたくて。

いまの関ジュの中に、公式グループは要らないのかもしれません。みんなから尊敬されている文一くんがいて、メインの4人がいて、お兄ちゃんの8人組がいて、バンドの2人がいて、DK組がいて、弟組3人がいて、ちびっ子たちがいて。いま凄くいいバランスだと思うんですよ。8人と私たちファンが望んでいるのは、公式グループになって、単独コンサートをやって、デビューすることだけど、やっぱりメインの4人がグループじゃない以上、8人を公式グループにするのは、いまの関ジュのバランスが壊れちゃうようで、怖いんですよね。だから、このまま、8人でいてほしいです。公式じゃなくても、8人で。これから先、いつまでも、いまの関ジュのメンバーが全員変わらずにいることは残念だけど無くて、その間でいつか8人がグループとして認められる日が来てほしいと思っています。

 

その後に、体育会TVが放送されました。放送された12月には、私はもう関ジュ担になっていて、関西ジャニーズJr.の絶対に負けないっていう精神を見て、この人たちの応援がしたいっていう想いがより一層強くなりました。

 

えびちゃんずーと体育会TVは、普段地上波での露出がほとんどない関ジュが掴んだ大きなチャンスだったことを後から知りました。

彼らが実際に何かを得られたかは分からないけど、もっと上に行くにはまだまだだっていうのは実感したと思います。

でも、私はそれがきっかけで彼らを応援するようになって、絶対に彼らには努力が報われてほしいと思っています。
 

東京から関西ジャニーズJr.を応援するのは、少し大変だけど、新幹線ならたったの2時間半で行ける距離しか離れていないんだから、余裕ですよね。

私はいま、A.B.C-Zからは少し離れて、末澤担として、関ジュの応援をしていきたいと思っています。

 

2017年春、3人目の自担だけど、いま私が本気で応援しているのは末澤誠也くんです。

末澤くんが大好きだし、絶対に誰にも負けてほしくない。

末澤くんに絶対にNo.1を掴み取ってほしいです。

 

----------

 

やっと現在に追いついたので、自担についての話は終わりです。

 

いまはまだ末澤担として歩み始めたばかりで、これから先、末澤くんがどんな仕事を掴んできてくれるのか、凄く凄く楽しみで、不安でもあって。

でも末澤くんを担当にする道を選んだんで、どんなことがあろうとも彼を全力で応援したいと思ってます。

 

長い自己紹介になってしまいましたが、ブログには末澤くんを始めとするジャニーズについて沢山書いていければなと思っています。

 

宜しくお願いします!