読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢見た場所は遠すぎたの?

関西ジャニーズJr.を応援中

➀自担の話~相葉雅紀(嵐)~

 

はじめまして。


いきなりなんですが、ジャニヲタを8年間やってきて、いまブログを始めようと思ったのは、いまの自分自身の思いだったり、舞台やコンサートに行った記憶を自分の記録として残せる場所が欲しかったからです。文字として、いまを記録できるツールって他にもツイッターがあったりすると思うんですけど、ツイッターってあんまり振り返って見たりするものじゃなくて、ほとんどリアルタイムに同じ時間を共有するものだと思っているので、あえて時差のあるブログで文字を残すことで、長期的に記憶を保存できることに魅力を感じてブログを始めようと思いました。


 
とりあえず初回なので、自己紹介をしたいと思います。まあジャニヲタの自己紹介ってつまりは、自担を好きになった経緯だと思うので、それを書きたいと思います。


----------

 

 

と思って、この先を書いていたんですが、私にはいまの自担、過去の自担2人がいて、3人について書いていたら、ついつい想いが溢れてしまって、ものすごく長くなってしまったので、1人ずつ掲載していこうと思います。

 

 

----------

 


まずは初めての自担から。


 
私とジャニーズの出会いは2008年。


嵐の宿題くんを見始めてから、嵐が好きになり、ファンクラブに入ったところから、私のジャニヲタ生活が始まりました。


今でも思い出せるのは、国立競技場のあの風景。初めての嵐で、初めてのコンサート。あの巨大な競技場の中で7万人が幸せな気持ちで。

だんだん夕暮れを迎えて、コンサートが終わる頃にはもう真っ暗で。野外のライブってなかなかジャニーズには無いし、天気とか色々と大変なことが多いと思うんです。でも、やっぱり、だんだん暗くなっていくのとか、そよ風が吹いてたりとか、それをファンとタレントが一緒に感じられるっていうのが、凄く魅力的なんですよね。今ではもうあの国立競技場には絶対に戻れないと思うと、切ないけど、みんなの記憶には一生残り続けるのが素敵だと思ってます。
 


2008年から2013年くらいまで嵐ファンをしていました。でも、その間に、ドラマ、バラエティー、映画とか個人の仕事もグループでの仕事も凄く多くなっていって、いつの間にか、好きだからテレビを見たり、映画を見に行ったりするんじゃなくて、嵐担だから、あれもこれもやらないとってなってる自分がいました。


新しいシングルやアルバム、DVDが出るたびに、毎回予約合戦になったり、コンサートのチケットが全く取れなくてネットでは何十万で取引されていたり、嵐担でいることに疲れてしまいました。最後に買ったCDは、Calling/Breathlessの両A面のシングルでした。これも結局、買わなきゃと思って買って、DVDは見てもいないと思います。残念なことに、私がファンをしている間に嵐は、PVのメイキングもなくなってしまいましたし。(いまはまた復活しているみたいですね。)
 
嵐で好きだったのは相葉くんです。私はファンになってから、相葉くん以外の呼び方をしたことがなくて。単純に相葉くんより年下なので、相葉ちゃんって呼ぶのはなんか違うなって思っていて、私の中で相葉くんって凄く相葉くんっていう呼び方がしっくりくるんですよね。当たり前ですよね、すみません(笑)。相葉くんって明るくて元気でっていうイメージだったんですけど、実は人見知りだったり、なんか意外と孤独というか。でも本当に優しい人で。優しくて、優しくて、優しすぎて、自分を抑えて、周りの人にすごく気を使う人なんだろうなって。相葉くんの絶対に誰も傷つけないところが好きです。嵐ファンでない今でも相葉くんは大好きだし、誰を担当にしたとしても、私の中で相葉くんを超える人はいないだろうと思っています。

 

➁に続く